優秀なバストアップブラの性能

多くのメーカーからバストアップブラが販売されており、それぞれの商品が独自のバストアップ機能を備えています。多くの人が効果を実感している人気のバストアップブラは、それだけ優れた機能があるようです。今回は、効果が期待できるバストアップブラの性能について紹介します。

 

・脇高設計

 

「脇高設計」とは、サイドベルトの幅を広くすることで、脇や背中に流れるお肉を逃がさずキャッチするための機能です。お肉が脇の下から流れる隙間をなくすことによって、背中への逆流するのを防ぎ、バストを定着させキープする効果があります。

 

・下からバストを支える構造

 

多くのバストアップブラは、カップにパッドが入っています。パッドが入っていることで、バストを下からしっかり支えて、きれいな見た目にするだけでなく、脂肪が安定しやすくなり、型崩れしにくくなる効果もあります。

 

・バージスラインの形が狭いもの

 

「バージスライン」とは、バストとお腹の境目にある半円状のラインのことです。このバージスラインが狭いブラを着用すると、バストのお肉が自然と持ち上がります。持ち上げた位置にお肉が定着すれば、ブラを着用していない時も、上向きのきれいな形をキープできるようになります。

 

・ストラップが太い

 

バストの大きさに対して、ブラのストラップが細いと、肌にストラップが食い込んで痛くなります。バストアップブラは、比較的、ストラップが太めのものが多いですが、バストにボリュームのある場合は、ストラップの太さも重視して選びましょう。

 

また、ストラップの長さをアジャスターで自由に調整できるかも確認しましょう。

 

・ノンワイヤーのもの

 

バストアップブラには、ワイヤーの入ったものとノンワイヤーのものがあります。ワイヤーの入ったものは、バストをしっかりとホールドして、きれいに補正することができますが、肌にワイヤーが当たって痛いと感じることもあります。

 

一方、ノンワイヤーのものは、ワイヤーの入ったものと比較すると、バストを支えたり安定させたりする力は弱いですが、着け心地が良く1日中快適に過ごせます。それに、ノンワイヤーのバストアップブラの中にも、ホールド力や伸縮性に優れたものもあります。また、ノンワイヤーのバストアップブラの中には、ナイトブラとしても使えるものもあります。

 

優秀なバストアップブラがこれらの性能を全て備えているわけではありません。ただ、これらの性能を把握しておくことで、自分にピッタリなブラを選びやすくなります。

ページの先頭へ戻る