バストが垂れるのを防ぐ方法

「若い頃と比較すると、バストがどんどん垂れてきているような気がする」という女性も多いでしょう。しかし、加齢や出産によるものだから仕方ない、とあきらめてしまってはもったいないです。ふっくらとハリのある美しいバストをキープしたいのなら、今使っているブラや着用方法などを見直してください。

 

垂れ乳を防ぐためには、自分のバストに最適なブラを選んで、ブラの正しい着用方法をマスターすることが大切です。ブラが小さすぎると、バストをきつく締め付けてバストの血行が悪くなってしまいます。逆に、ブラが大きすぎると、バストをしっかり支えることができず、クーパー靭帯が伸びて垂れ乳の原因になってしまいます。クーパー靭帯は一度伸びたり切れたりすると、元には戻りません。クーパー靭帯を守るために、自分のバストサイズに最適なブラを選びましょう。

 

自分のバストサイズに合ったブラを選ぶには、次のことを確認してください。

 

・ブラを着けた時に、脇や背中のお肉がはみ出ない。

 

・ブラのカップがバストに食い込んだり浮いたりしない。

 

・ブラを着用した時に、バストの谷間部分が浮かない。

 

・ストラップが肩からずり落ちない。

 

自分のバストサイズに合ったブラを購入するためには、お店で試着することが大切です。また、できればプロのフィッターにバストサイズを正確に測ってもらい、バストの悩みや理想などを聞いてもらって、最適なブラを選んでもらうことをおすすめします。適したサイズのブラなら、少しくらい動いても、バストをしっかりホールドしてくれるので、クーパー靭帯もしっかりと守ります。

 

年齢に合ったブラを選ぶことも大切です。年齢を重ねると、バストにハリがなくなって柔らかくなり、トップバストの位置が下がってきたり、バストのお肉が左右に流れたりします。バストを中央に寄せて上向きにするためには、脇や背中のお肉をバストに寄せるために脇の部分が高くなったブラを選ぶと良いでしょう。

 

また、今人気の「バストアップブラ」や「育乳ブラ」と呼ばれるブラなら、比較的、垂れ乳を改善する機能が備わっています。特に、口コミ人気の高いものは、垂れたバストをしっかり持ち上げてホールドする効果が高いので、「バストアップブラ」として紹介されているブラから選ぶことをおすすめします。

 

また、激しい運動をする時は「スポーツブラ」を着用したり、就寝時には寝ている間にバストケアできる「ナイトブラ」を着用したり、シーンによってブラの種類を使い分けることも、垂れ乳を防ぐのに効果的です。

ページの先頭へ戻る