ブラカップの種類による効果の違い

バストアップを目指すために、バストアップブラについて調べてみると、さまざまな種類があってどれを選んだら良いのか迷ってしまうかもしれません。ブラのカップについて見ても、いろんな形があることに初めて気づく方もいるでしょう。

 

ブラには、「フルカップブラ」「ハーフカップブラ」「3/4カップブラ」「ノンワイヤーブラ」「スポーツブラ」「ロングラインブラ」など、カップの形の違いや目的によって多くの種類があり、それぞれに機能や特徴があります。

 

理想のバストを手に入れるためには、カップの役割を知って、自分の理想を叶えるものを選ぶことが大切です。今回は、数あるブラの種類の中でも、違いがわかりにくい「フルカップ」「ハーフカップ」「3/4カップ」の特徴について紹介します。

 

・フルカップブラ

 

フルカップブラは、バスト全体を包み込み、バストが垂れるのを防ぐ効果があります。バストをしっかりホールドする安定感があるので、DカップやEカップ以上の大きめのバストの人におすすめです。

 

また、上向きのバストに仕上げるフルカップブラは、加齢によるバストの下垂や横流れなどの悩みのある方に人気があります。

 

・ハーフカップブラ

 

ハーフカップは、バストを下から上に持ち上げることができるので、デコルテ部分を豊かに見せることができます。カップの布面積が少ないので、胸元の開いた服を着る時に役立ちます。また、パッドが入っているハーフカップブラなら、バストがパッドの上に乗るので、ふっくらとしたバストを強調させることができます。

 

ただ、布面積が少ないことから、比較的ホールド力が弱いので、バストの大きな人よりも、小さめの人がバストを大きく見せるのにおすすめです。

 

・3/4カップブラ

 

3/4カップブラは、フルカップブラと比較して、布面積が3/4に小さくなったブラです。バストの大きさや世代に関係なく、人気の高い形のブラです。3/4カップブラは、バストを斜め下から支えて、中央に寄せる効果があるので、きれいな谷間を作ることができます。

 

また、脇の余分なお肉を寄せ集めてカップにおさめることもできるので、バストにボリュームを出して自然な形に整えることもできます。そのため、多くのバストアップブラが、3/4カップを採用しています。

 

人気の形ということで、多くのデザインが出ているので、目的やシーンに合わせて選ぶことができます。例えば、ニットなどフィットして体のラインが出やすい服には、装飾や縫い目のないモールドカップタイプの3/4カップブラや、夏の暑い日は蒸れにくくサラッとした質感の冷感素材を使用したものなど、幅広い種類があります。

ページの先頭へ戻る